手ぬぐい 通販 のジカンスタイル はんかち 和雑貨 和小物

Jikan Style online shop

JIKAN STYLEの手ぬぐいは、全て自社製造のオリジナルブランドです。

お問い合わせ ログイン マイページ カートを見る
ご利用ガイド ポイントについて 送料とお支払い

商品カテゴリー

  • 無料包装について

■お支払いについて

お支払い方法は、 銀行振込、代引き、クレジットカード払いから、お選びいただけます。

▽使用可能なクレジットカード

使用可能なクレジットカード一覧

■送料・お届けについて

送料は地域によって異なります。(地域により、453円~712円)
宅配業者:佐川急便 (※沖縄のみヤマト運輸 1,296円)

ご利用ガイド

伝統技法「注染(ちゅうせん)」の工程

  • 伝統技法「注染(ちゅうせん)」の工程
  • 「面影(おもかげ)」ができるまで
  • 注染職人インタビュー

注染(ちゅうせん)とは、特殊な糊で防染し重ね上げた生地の上から染料注ぎ、模様部分を染め上げる伝統的な型染めの一種です。

伝統的な技術に基いて、手ぬぐい、浴衣、ふきん等が生産されています。
裏表が無く染め上がるのが特徴で、他の染色方法では味わう事の出来ない独特の風合い、絶妙なタッチや立体感を醸し出します。

手作業中心で行われる工程は、気温や湿度、重ねた生地への浸透率の違いや染料のかける量、一瞬のタイミングに仕上りが左右されやすく、一枚づつ異なる風合いを味わえます。

型置き(板場)

糊付台に型を打ちつけ固定し、晒し上がりの生地を置きます。

生地の上に型を下ろします。型紙は和紙を貼り合わせて作られており、何度も使用することができます。

ヘラを使って防染糊を置きます。海草から作られた糊をつけることで、色が入らない部分を防染します。

柄がぴったりと合うよう、手ぬぐいのサイズで生地を折り返します。生地の折り返しには相当の技術を要し、細かい柄ほど念入りに行われます。

一回生地を折り返すごとに糊を付けていきます。この作業を1反につき約12回繰り返し、3〜4反積み重ねてから台から下ろします。

糊を固定させるため反の表面にはおがくずがかけられます。

そそぎ染め(壷人)

型置きされた生地を染め台の上に置きます。

染める色ごとに、防染糊を絞り出して「土手」と呼ばれる囲いを作ります。

染料は専用のやかんに入れられます。

土手に合わせて表から染料を注ぎ、コンプレッサーで下から吸入することで重なった生地に染料を通します。生地を裏返し同じ方法で再度染めます。この工程が注染最大の特徴になります。

染料の入ったバケツ達。染料の種類によって発色やにじみ方に違いが生じるため、デザインや色同士の相性に合わせたくみに使い分けられています。

染料の調合は職人の絶妙な感覚を要します。そそぎ染めの工程を行う職人を「壷人(つぼんど)」といいます。

水洗い(浜)

余分な染料や糊を落とすために、機械や人の手を使ってふり洗いします。この工程で丁寧に糊を落としていきます。

この作業に携わる職人を「浜方(はまかた)」といいます。

生地を等間隔でたぐり寄せ、長い洗い場で泳がせます。この作業は昔は川で行われていました。

乾燥(立干し)

大きな遠心分離機で十分に脱水し、乾燥の工程に入ります。

室内干し。長い反物がそのまま干されています。生地をかける梁の上は人が登れるようになっています。

外干し。反物が風にはためく様子はとても美しく、注染工場独特の風景ともいえます。

仕上げ(整理)

染め上がった生地を機械にかけてまっすぐに伸ばします。

ロールに巻かれた生地を手ぬぐいの長さでたたんで重ね、最後に端を裁断します。

最後の仕上げは畳みです。JIKAN STYLEの手ぬぐいは、人の手で一枚一枚丁寧に畳まれています。

注染(ちゅうせん)・和晒とは

注染は、特殊な糊で防染した生地に染料を注ぎ込み、模様部分にだけ必要な色染めをする型染めです。伝統的な技術に基づいて、手加工で手ぬぐい・ゆかた・ふきん等の製品が生産されています。

和晒とは、元々は綿布を灰汁で煮沸し、不純物を除去し、水洗い・天日干しを繰り返して漂白する染色前の工程のことで、現在は科学的漂白法によって処理されています。

大阪の注染和晒は天保年間に始まり、明治期は主に手ぬぐいの染色が行われていましたが、大正期には染色方法が改良され、ゆかたの注染本染ができるようになりました。

注染(ちゅうせん)の沿革

明治時代(1868~1911年)を迎えると、人造染料の輸入が盛んになり、手拭染めも一色染めから多色染めに移行しました。図柄も次第に複雑化され、糊料(こりょう)の改良や伊勢形紙が使用される様になり、従来の浸染(しみぞめ)から「そそぎ染」へと大きく変化しました。

大正後半から昭和初期(1923~1940年)にかけて、染色工程上に大変革が起きました。
それは、旧来の染料を浸透させる方式から、電動コンプレッサーを利用した染料の吸入方式が開発されたことにあります。これによって、手拭全面(約90cm)にわたる大柄が簡単に染められる様になり、生産効率も大幅に向上しました。

注染は職人による手作業が中心で、気温や湿度、一瞬のタイミングで仕上がりに微妙な変化が出ます。

にじみやムラなども、注染独特の味わい・手ぬぐいの個性としてお楽しみ頂ければ幸いです。

注染職人インタビューへ

注染(ちゅうせん)の特徴・注染てぬぐいのお手入れについて

  • 注染の手ぬぐいには多少の色落ちがあります。

    使い始めの2〜3回は他の洗濯物と分け、ぬるま湯でジャブジャブと手洗いして下さい。

    洗った後は軽く絞ってシワを伸ばしてからの陰干しをおすすめします。

  • 注染の手ぬぐいは使い込むほどの色落ちと風合い、馴染む柔らかさが特徴です。

    洋服に例えるなら、ビンテージデニム。
    変化の過程を楽しみながら、大切に愛でてください。

    ※比較:卸したての手ぬぐいと1年使い込んだてぬぐい (左写真)

  • 手ぬぐいの端は切りっぱなし。濡れてもすぐに乾き、雑菌がたまり難いという利点があります。

    使うたびに徐々にほつれてきますが、縫わなくても大丈夫。余分な糸をカットしていくうちにほつれが止まり、フリンジ状になります。

  • JIKAN STYLEの手ぬぐいに使われている生地は、写真下から特岡(とくおか)、特文(とくぶん)、ガーゼの3種類。

    特岡はこの中でもっとも織り目が細かく、さらりとした手触りと上品なツヤが特徴です。

    特文は特岡よりも織り目が荒く、ざっくりとした風合い。使いこんだ時の柔らかさと、しっかりした厚みが特徴です。

    ガーゼ生地は織り目が甘く、空気を織り込んだような柔らかさ。吸水率が高くすぐ乾きます。薄くてかさばらず、馴染みの早いのも魅力の一つ。

↑このページのトップヘ
  • 伝統技法「注染(ちゅうせん)」の工程
  • 「面影(おもかげ)」ができるまで
  • 注染職人インタビュー