手ぬぐい 通販 のジカンスタイル はんかち 和雑貨 和小物

Jikan Style online shop

JIKAN STYLEの手ぬぐいは、全て自社製造のオリジナルブランドです。

お問い合わせ ログイン マイページ カートを見る
ご利用ガイド ポイントについて 送料とお支払い

商品カテゴリー

  • 無料包装について

■お支払いについて

お支払い方法は、 銀行振込、代引き、クレジットカード払いから、お選びいただけます。

▽使用可能なクレジットカード

使用可能なクレジットカード一覧

■送料・お届けについて

送料は地域によって異なります。(地域により、453円~712円)
宅配業者:佐川急便 (※沖縄のみヤマト運輸 1,296円)

ご利用ガイド

注染手ぬぐい「面影(おもかげ)」ができるまで

  • 伝統技法「注染(ちゅうせん)」の工程
  • 「面影(おもかげ)」のできるまで
  • 注染職人インタビュー

JIKAN STYLEがこだわり続ける染色技法、注染。注染の手ぬぐいを通して、日本人の持つ繊細な感覚を届けたい。私達のそんな想いは、職人の卓越した技術・美しい仕事に支えられています。

今回、注染の職人「壷人(つぼんど)」に、JIKAN STYLEの手ぬぐいについて聞いてみました。
壷人とは、注染技法最大の特徴となる「そそぎ染め」の工程を行う職人のこと。

デザイナーの描く世界は、壷人の手に委ねることで完成すると言っても過言ではありません。熟練の腕を持ってしても「難しい」と言わしめたデザインも数知れず。難易度の高い柄やその理由など、普段はなかなか聞くことのできない職人の本音をちらりとお見せします。

時感 -面影 空 <暁>

真ん中でまっすぐぼかすのが大変。
わずかな力加減で歪んでしまうので、非常に神経を使う難しい柄。

「面影ができるまで」ページへ

時感 -面影 雪花 <暁雪>

「抜染(ばっせん)」というすでに染められた染料を抜く技法を使った雪花シリーズ。

ぼかしながら抜染をするのは職人の技術の賜物。

時感 -SHINRA 焔 <灯>

一度グラデーションをかけた反物をじんわり抜染することでできた、独特のにじみ。どう仕上がるかは職人も染めてみないと分からない。

時感 -SHINRA 雲霞 <夜霧>

墨絵のような表現になったのは、全くの偶然から。 難しい染めに挑戦した結果生まれた、新しい表現。

↑このページのトップヘ