秋の夜長に読書の秋

2019.9.26

夏のうだるような暑さが和らぎ、
季節が少しずつ秋に移り変わっているのを感じますね。

秋のシーズンによく耳にするキーワード「秋の夜長」
秋の夜長とは【夜が非常に長く感じられること】を表す秋の季語です。

夏至を過ぎると日の出の時間が少しずつ遅くなり、日没の時間も少しずつ早くなります。だんだんと夜の時間帯が長くなり、秋の夜長を感じるようになります。

明確なルールがあるわけではありませんが、朝晩が少しずつ涼しく過ごしやすくなり、
風の香りや鈴虫の鳴き声、落ち着いた夜の時間をゆったりと読書や趣味の時間にあててみるのもいいかもしれませんね。

秋の夜長イメージ

 

JIKAN STYLEオンラインでは夜の象徴、月をモチーフにしたシリーズを展開しています。

時感手ぬぐい「弄月夜」シリーズ
時感手ぬぐい「弄月夜」シリーズ

 

百人一首から印象的な一句を選びだし、
現代の風景に溶け込むモダンなデザインで表現されています。

デザインを見ているだけで、自然と文学の世界に入れそうな…そんな予感がしてきます。

手ぬぐいは手を拭くだけではなく、いろんなものを包むことができます。

今回は秋の夜長にゆったりと…
「読書の秋」にちなんで【手ぬぐいブックカバー】をご紹介します。

時感 手ぬぐい 弄月夜シリーズ「望月」ブックカバー

 

【手ぬぐいブックカバー】の作り方

 

手ぬぐいブックカバーはどんな大きさの本でもサイズ調整ができるところがとても便利。

慣れてきたら、自分の出したいデザインの部分を表紙にできるように工夫してみましょう。

色々なつつみ手ぬぐいブックカバー画像

 

ちょっとハードルが高いかな。という方にはこちらのレトロで可愛いブックカバーもご用意していますよ。

レトロ小紋ブックカバー
レトロ小紋ブックカバー

 

皆さんも是非「秋の夜長」を楽しんでみて下さいね。

カテゴリから探す