手ぬぐい・雑貨専門店 JIKAN STYLE(ジカンスタイル)オンラインショップ


TOP

手ぬぐいについて

手ぬぐいを楽しむ ─ 使い方 ─

その昔、手ぬぐいは生活の万能選手として重宝されました。
手を拭うだけでなく、ほこり除け、お風呂のお供、お料理の出汁漉し、おひつにかぶせてお米の保湿、包帯替わり、切れた鼻緒の修理、裂いてお掃除のはたきに…時代は変われども、今もそれは変わりません。
そんな手ぬぐいの魅力を知れば、毎日の生活がいまよりちょっと楽しくなるはず!

タペストリーとして壁に飾ったり、折りたたんで額に飾れます。 PC などの家電のホコリよけに。 姿見のカバーとしても。 テレビボード下のインテリアとして。テーブルコーディネートに。二つに折ってランチョンマットやナプキンとしても使えます。 キッチンや洗面所などの手ふき用に。すぐに乾いて清潔に保てます。 収納カゴ・カゴバックの目隠しとしても。

手ぬぐいの包み方

基本の結び方 真結び(まむすび)

美しく、ほどけにくい基本の結び方です。
また、ほどきたい時には、簡単にほどくこともできます。

  • 結ぶ箇所を図のように交差させます。
  • aを下からくぐらせて結びます。
  • 結んだaとbをさらに同じように、結びます。
  • 結び目の両端を均等にひっぱります。
  • しっかりと結んだら、形を整えてできあがり。
<真結びのほどき方>
  • aとbを持ち、左右にひっぱります。
  • aとbが横に一直線になるまで、力を入れてひっぱります。
  • 結び目の部分を右にひっぱると、するりと抜けます。
お弁当包み
  • 手拭いの中心にお弁当箱を置きます。
  • 手拭いを図のようにして、お弁当箱にかぶせます。
  • 両端を中央に持ってきて真結びし、形を整えたらできあがり。
ティッシュBOX 包み
  • 手拭いを2つ折りにし、中心にティッシュBOX を置きます。
  • 側面の両端を折り上げ、テープ等で固定します。
  • 残りの辺を折り上げ、箱に添わせます。
  • aとbを真結びします。
  • 同じように、cとdも真結びしてできあがり。
ブックカバー
  • 手拭いを横に広げ、本を開いた幅より左右に5cm ずつ出るよう折り込みます。
  • 本を横にずらし、本の高さに合わせて上下を折り込みます。
  • セロテープで両端を図のように固定します。
  • 両端の輪になったところに本を入れ込み形を整えればできあがり。
ペットボトル包み
  • 手拭いを縦に広げて上を少し内側に折り、ペットボトルを置きます。
  • aとbをペットボトルの首で真結びし、左右から包みます。
  • 底が平らになるように折り上げてねじります。
  • ねじった部分を結び目の下で巻きます。
  • 一周したら先端を結び目の輪に通してできあがり。
瓶包み
  • 手拭いの端を2〜3cm 折り、瓶を置きます。
  • 瓶をくるくると巻いていきます。
  • 手拭いの巻き終わりを隠す様にして、残った部分を持ち上げます。
  • 瓶の首にくるっと巻きつけ、巻きはじめの輪に通して出来上がり。
  • 3. の時にねじってアレンジしても◎
缶包み
  • 手拭いの真ん中に缶を2つ立てて並べ、それぞれを外側に倒します。
  • 図のように缶を包みます。
  • 2本の缶を立てます。
  • aとbを缶の上でしっかり結びます。
  • aとbをねじり先を結べばできあがり。
プレゼントラッピング
  • 2つ折りした手拭いの上に、図のように箱を置きます。
  • 点線に合わせて下側・左側の順で包みます。
  • 奥に1回転させます。
  • 部分を折り込みながらa・b の角を結んでできあがり。
    結び目を飾るとより華やかです。
ご祝儀袋
  • 手拭いの上下を折り、左寄りに封筒を置きます。
  • 左側を封筒の右端が少し見えるくらいかぶせます。
  • 右側を封筒の右端に合わせて折ります。
  • さらに封筒の幅に合わせて折りたたみます。
  • a・b の順でかぶせ、b の端を折り込んで市販の水引やのしをつければできあがり。
あずま袋
  • 手拭いを3 等分した位置で右側から内側に折ります。
  • cをめくって実線に合わせて折りあげます。
  • 左側も内側に折り、bも同じように折りあげます。
  • 上の点線から左端まで、下の点線から右端までを一直線に縫います。
  • 縫い目が内側になるようひっくり返し、持ち手の部分を結べばできあがり。
■ 額やタペストリー棒でインテリアに
手ぬぐいにぴったりの額やタペストリー棒をご用意しております。インテリアにぜひどうぞ。

カテゴリから探す