十五夜の飾りつけ

2020.9.1

9月に入り、残暑がまだまだ厳しいですが、
そろそろ秋の準備を始めていきたいところです。

 

この季節に思い出されるのが、美しい月を眺める「十五夜」

皆さんは「十五夜」が毎年、日にちが変わることをご存知でしょうか。

 

「十五夜(お月見)」とは、1年で最も空が澄み渡る「旧暦の8月」に、月を眺める行事のこと。
元々は、「旧暦の8月15日」と決められていました。
しかし、月の満ち欠けを基準とされていた旧暦から、太陽の動きを基準にしている新暦では、一年の長さにズレが生じます。そのため、現代では毎年9月中旬~10月上旬に「十五夜」のタイミングが訪れるとされています。

 

そして今年の十五夜は「10月1日」

 

少しいつもより遅いタイミングのお月見になりそうですね。

十五夜イメージ

9月は「お月見」柄の手ぬぐいでお部屋の雰囲気を作ってみてはいかがでしょう。

カテゴリから探す