「幾星霜」 新柄〈珊瑚〉〈水晶〉発売

2021.9.16

星や霜といった、美しい自然の言葉が元になっている「幾星霜(いくせいそう)」シリーズ。
「幾星霜」とは、幾度も星が巡り霜が降りるのを数えるほど、
あるいは数え切れなくなるほどの長い年月を振り返る言葉。

 

長い時間をかけて自然界で作られた鉱石をテーマに、
「幾星霜」シリーズから新たに〈珊瑚〉と〈水晶〉の2 柄が発売されます。

【珊瑚(さんご)】
海底で長い時間をかけて成長する
とても得難く 美しい生き物
自然が生み出した 深海の芸術品

【珊瑚 コーラル(Coral)】
珊瑚は海の底で、長い時間をかけて成長する動物です。色は赤から薄いピンクなど種類により色が異なり、魔除けなどで取り扱われています。
手ぬぐいは、海の中で成長する珊瑚、宝石として耀きを放つ珊瑚をイメージして描きました。

 

 

【水晶(すいしょう)】
透明度のある 硬い質感の中に
針のような幾本もの美しい金線
繊細さを放ち輝く

【水晶 クオーツ(Agate)】
ガラス光沢をもつ六方晶系の柱状か錐状の結晶で、透明なものが水晶となるそうです。内部にとても繊細な、針のような金線が入ったルチルクオーツというものを参考にしています。透明感のある硬い質感に、柔らかい光が当たったイメージで描きました。

 

 

珊瑚は3 月の誕生石や、結婚3 5 年目の珊瑚婚式に、水晶は4 月の誕生石や、結婚1 5 年目の水晶婚式になるので、贈り物としてもいかがでしょうか。

透明感のある色が綺麗なので、プレゼントを包むのにも。

気軽にその日の気分で、バッグに巻いたり、ハンカチとしても使いやすいです。

どちらも綺麗な色合いになっていますので、ぜひお手に取ってご覧ください。

「幾星霜」シリーズ一覧はこちら

カテゴリから探す