梅雨こそ「手ぬぐい」

2022.5.25

梅雨の季節は洗濯物が乾きにくくて困りますね。
そんな時こそ「手ぬぐい」がオススメです。

 

なぜ手ぬぐいがオススメなの?
手ぬぐいはタオルよりも薄く、ハンカチよりも大きくて、 一枚カバンに入れておくと様々な用途に活用できます。

 

 

お手拭きはもちろん!ランチクロス、ひざ掛けに。90㎝の長さがあるのでタオルを持ち歩いているかのような安心感があります。

最近では、流行りの温泉&サウナでの活用をオススメしたり、オリンピック選手が首に巻かれていたりしたことで、注目されることも増えました。

 

 

特に、梅雨で洗濯物が乾きにくいこの季節に、少しでも乾燥時間を短縮できるものとして「手ぬぐい」をオススメしています。

 

なぜ手ぬぐいは乾くのが早いの?

それはタオル、ハンカチに比べて「縫製」の違いがあります。

タオル、ハンカチは生地の端が縫製されており、生地が折り重なっているため、その部分が乾くのに時間がかかります。

手ぬぐいは生地端が切りっぱなしになっているため、タオル、ハンカチに比べて乾く時間が短縮されます。 さらに、早く乾くということは、雑菌の繁殖する時間を短縮することにもなり、結果として雑菌の繁殖を減らすこともできます。

 

 

何度も洗濯ものを回して、部屋中が洗濯ものだらけになってしまうこのシーズンに、手ぬぐいを活用して生乾きストレスを減らしませんか?

 

手ぬぐいの育て方

手ぬぐいを使い込むことを「手ぬぐいを育てる」と言います。

手ぬぐいは使い込むごとに生地が柔らかく、染料が生地になじんで「味」が出てきます。 縫製されていないことに初めは戸惑うかもしれませんが、慣れてしまえば特に気になりません。

 

 

洗いはじめは糸がどんどん出てきますが、何度か洗い、整えていくと綺麗なフリンジ状になります。 徐々に生地も柔らかくなり、愛着のわく手ぬぐいの完成です。

 

 

お気に入りの手ぬぐいを探して、自分の手ぬぐいを育ててみませんか?

 

梅雨時期にオススメの手ぬぐいはこちら

カテゴリから探す