3/3 ひな祭り

2020.1.16

女の子が主役になる日、ひな人形や個々の花を飾り、
ちらし寿司や蛤のお吸い物を食べてお祝いをするのではないでしょうか。

JIKAN STYLEでも様々な雛祭の手ぬぐいを用意しています。

タペストリーで壁にサッとかけるだけで簡単に雛祭仕様へ模様替え。

使い終わったら畳むだけという現代のスマートな生活に合わせた雛飾りです。

手ぬぐい ひな祭り タペストリー あられ雛 JIKAN STYLE

 

お子様と一緒にお気に入りの柄を選んでみてはいかがでしょうか。

 

雛祭の由来

3月3日は、もともと季節ごとの食物を神様に供える五節供(ごせっく・五節句)のひとつである、「上巳(じょうし)」の日です。
(桃の節句ともいわれます。)

中国の古い習わしから、水辺でみそぎをする日とされ、それが転じて人形に穢れ(けがれ)を移し、水に流してお祓いをするようになりました。

この人形が、のちにひな人形となり、「上巳」が女子の祝い日とされていたため、女の子の健やかな成長を願う「ひな祭り」となっていったといわれます。

 

ひな人形と桃の花

ひな祭りにひな人形を飾るのは、中国で流し雛とひな遊びが由来しているためです。

はじめは紙や藁でできていた人形が時代ともに豪華になり、家で飾るようになりました。

ひな祭りが定着した江戸時代頃には、ひな人形がより一層豪華になったといわれています。

また、ひな祭りは「桃の節句」とも言われますが、これは中国の上巳の節句で桃の花が使われ、
花には長寿や魔除けの力があるとされていたためです。

上巳の節句の頃は桃の花が咲く時期であったことも、桃の花が飾られる理由の1つだといわれています。

手ぬぐい ひな祭り たたみ JIKAN STYLE

 

お祝いの仕方

ひな祭りでは、ちらし寿司や蛤のお吸い物を食べてお祝いをするのが一般的。

ちらし寿司は様々な具材を混ぜ合わせ、将来食べるものに困りませんようにという願いが込められています。

また、蛤のお吸い物には、蛤の貝殻のようにぴったりと合う生涯のパートナーと一生添い遂げられますようにという願いが…。

その他にも、菱餅やひなあられなどがひな祭りの食べ物として挙がりますが、どれも女の子の健やかな成長と幸せを願う意味が込められています。

ひな祭りには、たくさん食べ物を用意して家族で集まり、楽しく女の子の成長と幸せを願いましょう。

手ぬぐい ひな祭り お茶 桃の宴席 JIKAN STYLE

 

手ぬぐい kenema ひな祭り一覧はこちらから

カテゴリから探す